広報戦略/株式会社コミュニケーションデザインはBtoB企業、ビジネス媒体の戦略PRに強いPR会社です。

line

『広報戦略を活用して、ブランドを構築する方法』を配布中。無くなり次第終了しますので、お早めに!

広報無料ガイドブックお申し込み

広報戦略TOP > Q&A

Q&A

【Q1】PR活動をしたこともなく、知識がなくても大丈夫でしょうか?
はい、大丈夫です。弊社でヒアリングさせていただき、
ゼロから御社のマーケティングやPR戦略を立案・実施いたします。
ただし、条件としては、経営戦略や事業戦略がある程度、明確になった段階で
御相談いただくことをお願いしています。
それらはマーケティングやPR戦略の上位概念に位置するもので、
明確になっていない段階での推進は困難です。

→一覧へ戻る

【Q2】どのようなケースに御社にお願いすると良いのでしょうか?
営業力や広告だけでなく、ブランド力によって売上を中長期的に 伸ばしていきたいケースが最も適しています。
特に、プッシュ型の営業ではなく、お客さまから問い合わせをつくる
ブランドの仕組み作りなどを得意としています。
また、広告依存体質から脱却し、マスコミ露出や書籍出版などによって
信頼性向上を求められているケースも高い成果を出しています。
その他、採用広報力の強化や広報活動の仕組みづくり、広告業務なども対応できます。

→一覧へ戻る

【Q3】広報担当者がいないのですが、御社にお願いできるものでしょうか?
もちろん可能です。成長盛りのベンチャー企業をお手伝いしてきたこともたくさんありますが、
広報担当者がいないケースが多くあります。
その場合、弊社の窓口になっていただける方1名を決めていただくのに加え、
経営戦略に直結する仕事ですので、経営者の方に定期的なミーティングへの参加をお願いしています。

→一覧へ戻る

【Q4】仕事はどのような体制で行うのでしょうか?
基本的にはお客さまの窓口としてアカウント担当者を1名つけさせていただきます。
その担当者が社内のPR戦略担当者、メディアリレーション担当者、ウェブ担当者、
書籍担当者などとリレーションをとり、お客さまのPR業務を推進していきます。
分業体制をとることで、専門業務に幅広く対応できるのが弊社の大きな特徴です。

→一覧へ戻る

【Q5】年間PR契約のコストはどれぐらいかかるのでしょうか?
活動内容にもよりますが、月額60万円~、年間720万円~となっています。
ただし、どんな内容でどんなことをやるのかによってコストは変わってきます。
事前に予算がお決まりの場合はお知らせください。

→一覧へ戻る

【Q6】打ち合わせ頻度はどれぐらいなのでしょうか?
定例会議は月1回を原則としておりますが、マスコミ取材の立会や個別ケースのご相談・打ち合わせなどは必要に合わせて柔軟に対応させていただいています。
それ以外は随時メールや電話などでやりとりをさせていただいて業務を進めていきます。

→一覧へ戻る

【Q7】なぜ、年間契約なのでしょうか?
弊社のサービスはブランディングを主な目的としていますので、
一定の成果を出すためには年間契約が必要だと考えています。

→一覧へ戻る

【Q8】スポットでのPR業務をお願いすることは可能でしょうか?
新製品の発表など、内容によってはスポットサービスも行っております。
詳細はお電話、FAX、メールフォームなどでお問い合わせ下さい。

→一覧へ戻る

【Q9】広告出稿やウェブサイトのリニューアル、パンフレット作成など、
PR業務以外にもお手伝いいただくことは可能でしょうか?
はい、可能です。弊社の強みはブランディングによる売上アップですので、
広告出稿やウェブサイトの制作、小冊子、パンフレット作成などを
社内で制作・ディレクションできる体制を整えています。

→一覧へ戻る

【Q10】他のPR会社とどう違うのでしょうか?
これまでのPR会社の多くは次の2通りの会社でした。
1.マスコミ側の立場に立って、番組や編集に都合の良い商品・サービスを
  スポットで紹介するサービス
2.企業の広報代行として、プレスリリースの作成とマスコミ対応を行うアウトソーシングサービス

弊社は「マーケティング・ブランデイングの観点からPR戦略の立案・実施をできるPR会社」です。
つまり、業者ではなく、クライアントのコミュニケーション領域における
「戦略的パートナー」になることを目指しています。
具体的なPRサービスにおいても、「個人のブランド化」「出版プロデュース」
「企画型プレスリリースの作成」など、オリジナルの強みを多数保有しています。

→一覧へ戻る

無料小冊子プレゼント!
PR戦略ののノウハウがたくさんつまった小冊子。この1冊でこの1冊でこの1冊でこの1冊でこの1冊でこの1冊でこの1冊でこの。

詳しくはコチラ

line